Dance

ファンキージャム・ブレーカーズの最初のダンスメンバーは井上、堀越、村山の3名です。

ファンキージャム・ガールズとダンスイベントに参加。

その後、ロックスタディの来日でブレイキングのレッスンを決定。ブレイキングの強化のためにオーディションをして、七類が加わり後藤、島崎、小笠原などの生徒もイベントに参加するようになりました。

ダンスメンバーの多くは小学から大学までの学生が多く、ショーに参加できる時が各自違いました。当時、参加できるメンバー構成が一番大変でした。

初期の堀越は水上スキーで有名でしたし、渡米することなどがあり早くに離脱しました。

 

1984年ビデオ製作時

女性の参加もありました。まだブレイキング初期、バックスピンを簡単にやってしまったヒロミちゃんにショーの参加をしてもらっていました。しかし、ブレイキングの急速な進化で離脱しました。

映画「BreakDance」公開直前イベント、渋谷駅入口でブレイキングのヒロミちゃん。

ブレイキングの進化とメンバー増になり、女性のブレイキングは参加しない方針にしたのです。同じ頃、京子ちゃんがポップロックで参加するようになり、TVの出演を多数してもらいました。

TV歌番組で歌手のバックダンスをするキョンちゃん。

 

ファンキージャム・ビデオの How To Break Advance では、数ヶ月のレッスンの女生徒4名にも参加してもらいました。